自動車リサイクル法について

不用品といっても、個々によって様々な品目があることでしょう。
家具類などが数としては1番多いようですが、中には「自動車」などという大きなものも不用品として回収して欲しいと考えている方もいらっしゃいます。
自動車についてですが、自治体サービスを利用しての回収ということは不可能です。
自動車にも「自動車リサイクル法」というものが定められていますので、それに従った形での回収・処分が必要となるのです。
利用者がいくらか料金負担を各自動車メーカーに対して支払うことで回収してもらえます。
各メーカーのホームページなどに車種ごとにかかる料金が記載されているかと思いますので確認をすると良いでしょう。
車体が大きいもの・排気量が大きいものなどはリサイクル料金も大きくなっていきます。
こうして自動車メーカーに直接依頼をすることでかい州もしてもらえますが、民間業者を利用して不用品回収をしてもらえるようにもなっています。
コマーシャルなどでも耳にする機会も多いでしょう。
専門業者に依頼をすることで、買い取り価格がついたりという事もあります。
古い車種でも人気が高いものですと、それなりの買い取り価格がつくという場合もあるようです。
車体そのものだけではなく、このような業者を利用する場合にはその他のパーツや周辺機器も査定されることが大半です。
自動車リサイクル法についてはこちらのサイト(http://www.jarc.or.jp/automobile/law/)で詳しく紹介されています。
買い取り価格は、業者によって差がありますのでいくつかのところで査定をしてもらうのも良いですし、メール査定や簡単査定などをして比較検討するのがおすすめです。
少しでもお得に利用したいという方は積極的に取り入れてみてください。
専門業者を利用する・民間業者を利用するという場合は、かならず届出済み・認可番号を取得している業者を選ぶようにしてください。
中には悪質な業者も存在しており、不法投棄や不法輸出などという問題もあるのです。
回収は取りに来てくれる業者が大半ですが持ち込みも可能となっている場合もまた多いようです。
取りに来てもらう場合、手数料などが掛かる場合もありますので事前に確認しておきましょう。

関連記事:

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »